BOXING NIGHT 深くて緩いボクシングナイト

ボクシングナイトとは

ボクシングほど語るものの尽きないスポーツはない。
寺山修司、三島由紀夫、沢木耕太郎。多くの作家がボクシングを愛して、その素晴らしさを活字で表現してきた。現在、匿名のネット情報が、氾濫する一方で、堂々とした表現の場所が少なくなってきた。

ひょっとしてボクシングは語るものではないのかもしれない。リング上の戦いがすべてなのかもしれない。しかし、その裏側には、語り尽くせぬ物語が、たくさん埋まっている。一人一人のボクサーは、とてつもないドラマを背負っている。たまたま、六島ジムとの縁があって、藤原俊志トレーナーと、何度となく酒を酌み交わす度に、そのボクシング談義は熱を帯びた。奥深い話をたくさん聞けた。その熱いトークをもっとたくさんのボクシングファンと共有できないか。ボクシングが持っている、その埋もれた魅力を掘り起こし、ボクシングの魅力を語りあうことができないか。そこでボクシング界の発展に協力を惜しまないエムジーファーマ社の協力の賛同を得て、実験的にスタートすることになったのが、このナップルプレゼンツ「緩くて深いボクシングナイト」である。

開催場所には、本来は、ライブハウスである音楽実験室「新世界」の全面協力を得た。サブカルチャーの発信基地としても定評のある六本木のライブハウスでボクシングを語るという異色な舞台設定が、盛り上がりに一役を買ってくれている。
基本的には、毎回、ボクシング界から様々なゲストを招いて、議論しようというコンセプト。だが、ボクサーだけにこだわらず、様々な面白そうな関係者を今後も招いていく予定だ。スケジュール的には、「月一」開催を目標にしているが、なにせ、緩いボクシングナイトだけに、そこは確定できていない。

50人も入れば満杯の小さなライブハウス。たいした影響力はないが、グラスツール運動のように、ボクシング界の発展に少しでも役立てばの志である。

ボクシングナイト開催情報

ボクシングナイトの開催情報をお知らせいたします。
ボクシングナイト開催情報

ボクシングナイト・レポート

過去に開催されたボクシングナイトのレポートを掲載しています。
ボクシングナイト・レポート