佐藤洋太選手!頑張れ!の思いを込めて2月のトークライブの模様を公開!

  異端のボクサーである。
 登場と同時に得意のスケボーで登場するかと思いました?と、聞くと「いえ、でも代わりにこれは持ってきましたと」とミニチュアの小さなスケボーをポケットから取り出した。
 指スケとか、フィンガーボードというものらしい。立派な世界が、そこには形成されていて動画サイトなどを使って名人が素晴らしい技をアップしているという。佐藤は、ちょこちょこっと、机の上で技を披露してくれた。
 WBC世界スーパーフライ級王者の佐藤洋太は、独自のボクシング観を持っていることで有名なボクサーだ。
 エディタウンゼントレーナーである藤原俊志トレーナー(ワールドスポーツジム)が、そのあたりを一流のトレーナーの観点でつっこんだ。

ウォーミングアップをしないボクサー

――なんか練習しないらしいね。笑。
「練習1時間くらいですね。アップしないで」
――アップをしない?
「しないっす。昔はアップしていたんですよ。柔軟とか屈伸とか。でも、4回戦の時にいつ前の試合が終わるかわからない、終わったら、次は試合だよという環境で試合をしていた。いきなり試合がスタートするわけです。それなら、アップしないクセをつけておいたほうがいいと思った。今は、そのクセがないので、いつもで戦える。周囲からは、『おまえいつか怪我するぞ』と言われているんですが、まだしてません」
――笑。
「練習はスパーしかしません。サンドバックは、ほとんどやらないですね。でも、井岡一翔君から、『サンドバックって純粋に筋肉を鍛える筋トレなんですよ』、と言われて、目からウロコです。『そうだね。オレもやろう』と。今日から3ラウンドやろうと決めて2ラウンドしかやりませんでした。ミット打ちもやるけど、基本スパーです」
――へえ。
「ラウンドワンに行って、バッティングマシンがあるのにボールを打たずに素振りだけして帰らないでしょう。そういうことです。ボクシングは相手のあるスポーツ。素振りするのは当たり前です」
――ロードワークも嫌いだとか? よくそれであのスタミナを作っているね?
「ボクシングって走る競技じゃないっすからね。フットワークは、スパーを毎日やっているからあるんです。確かにロードワーク脚力はない。でも、ロードワーク脚力は試合で使わないものです。ボクシングは数字で戦うものではありません。一度、専門家に肉体の数値をテストして調べて出してもらったことがあるんです。全くの一般人レベルでした(笑)。脚力にいたっては、アスリートが10で、一般が9とすれば、僕は8のレベルだった(笑)。いろんな人に希望を与えるでしょう? もっとやったらもっと強くなるとよく言われるけれど、そんなことはないと思っています。その数字は上がるでしょうが、ボクシングは数字で勝負する競技じゃありません」
――でも戦い方に安定感がある。名城信男が、「佐藤に勝つのは無理っす」と言っていたよ。
「ほんとですか? 実は、名城さんは大好きなボクサーです。僕の黒のガウンは、名城さんを意識しているんです」
――それは、名城が喜ぶよ。技術をきわめるボクシングだよね? フェイントしては打ちに行ったり、パッと止める。打ちに行って止めるのが特徴的だと思っていた。感覚をつかんでいるやろね。ガードは低いけれど、距離感の把握は、他のボクサーより早い。相手からすれば、ガードが低いからと間げるけれど、常に、相手の距離より外にいる。打つ辛いボクサーだよね。
「打ちに行って止めるのは、雰囲気で察知するわけです。これ以上打ち切るとやばいと。第六感。それは、ガソリンスタンドの仕事で鍛えたものです。車って給油口が右にあったり左にあったりするでしょう。それを瞬時に見破るんですよ」
ーー非常に巧いボクサーだよ。
「パンチ力は、生まれ持っているものでしょう。努力ではいきつけません。僕の場合、そっちにいくのは無理でしょう。自分にあうものをつきつめると競技的なボクシングになります。徹底して打たれないボクシングです」
――ところで、タイの試合での防衛戦では気をつけてね。僕の名城とスリヤン戦、向井とポンサクの試合で2度タイに行ったけれど、計量でごまかしたり、採点に圧力をかけてきたり、ほんとなんでもしてくるんで。
「ありがとうございます。準備していきます。日本人で海外で防衛に成功したら、初めてのことになるんで、それはそれでモチベーションになりますよ」

スーパーフライ級にこだわりベルトの価値を高めたい

――今後は、この階級(スーパーフライ)でずっと戦い続けるの?
「この階級でできなくなったら終わりです。僕は、何階級制覇って興味がないんです。それよりもベルトの価値を高めたい。上に行き、欲が出るとボクサーとしてダメになります。かっこをつけて言っているんではないんです。子供にね。『河野のベルトを取ってきてね。そしたら、世界チャンプじゃん?』と言われたんです」
――なるほど。
『世界って2人いるの? パパは世界一なの?』と聞かれて『一応ね、たぶんね』と答えたんです。『なんで、なんで』という子供に自信を持って『オレでしょう』と言えない。だから統一したい。WBOとIBFが認められるとなると、さらに説明し辛いでしょう。
ボクシング界がマズイ状態だと思うんです。この階級で、ベルトの価値を高めたい」

  ここに掲載したのは、ごくごく一部のやりとりである。
 佐藤とのトークは、ザリガニ理論や、キャバクラ理論、ガソリンスタンドで仕事をしている意味など、多岐多様、本当にバラエティに富んだものだった。
 なるほどなあと納得されるものもあれば、え?と驚かされるもの、会場を爆笑に包むものまであった。木訥で、静かな語り口調。それほど本人がテンションを上げているわけでもないのに、吸い込まれていくような佐藤ワールドが、西麻布のライブハウスに出来上がっていた。彼のボクシングのユニークさは、その深くて、多様な思考、哲学から生まれているものであることが良くわかった。
 つくづくボクシングとは人間力なのだと思い知らされた。